家を見る


 

外と中のギャップを楽しむキューブの家


ブラックキューブの外観に青空を切り取る大きな窓。「あれは何だろう?家の中はどうなっているのだろう?」そんなワクワクを感じさせる住まい。見た目のアクセントだけでなく、毎日の生活にワクワクを追加してくれるこの“窓”の秘密を少しずつ紐解いていきましょう。 木目が美しい玄関の扉を開けるとそこに広がるのは10帖のマルチスペースロジア。中庭という言葉だけでは表現しきれない、そんな家族のプライベート空間です。子どものプールや仲間とのバーベキュー、家族でお外カフェタイムなど楽しい時間はもちろん、外からの視線を気にすることなく洗濯を干すなど日々の生活にも嬉しい場所がここにあります。2階部分にまで続く吹き抜けに光りと風をプラスしてくれる大切な役割があの“窓”にはあったのです。

この家の施工会社


株式会社ロータリーハウス


地元で48年の実績を誇る工務店で 建築士と共に“楽しむ”家づくりを―。

「よくお客様に『みなさん楽しそうにお仕事されていますね!』と言われるんです。一緒に家づくりをさせて頂くためには、まず自分たちが家づくりを楽しむことが大切。そして、新しいことにも常にチャレンジしていきたいと思っています。」とスタッフは言う。施主と同じ目線の家づくりを目指すから、安心構造で地震にも強く気密性も高い“長期優良住宅”を標準としている。基本がしっかりしているからこそ、遊び心を加えても住み心地や安心・安全な住まいを提供することができるのだ。これからも施主とともに家づくりを楽しみ、暮らしに寄り添った企業であり続ける。

住所

高松市多肥下町1593-9

電話番号

087-815-3911

営業時間

9:30~18:30

定休日

水曜日

ホームページ

https://www.rotary-h.com

こちらを施工した企業に資料請求をする